Home » FreeJapan News, 告知事項

赤池誠章氏、アンケートにメール回答とのこと!

27 9月 2009 2 Comments

赤池氏よりメールを頂きました!
アンケートの趣旨を了解して頂き、メール回答したいためデータで欲しいとのことです。

これは当SNS内のトピック(SNS参加者しか閲覧できません)にてアンケート内容が検討され、それを手交した結果だ。素晴らしいこと、最高のロビー活動だと考える。

発展>
このSNSにもお誘いし、できれば後援会のモチベーション向上などに役立ててもらえたらな、と思っています。

思うこと>
こんなに早く結果が出るとは思いませんでしたが、実在の政治家(バッジの有無に関わらず)が介在することで肌身で政治を感じれる場所にしたい、決して敷居の高い形ではなく。

将来を見据える>
政治政策を国民が研鑽しあうフォーラムゆえ、そこに「政治家」がいていいじゃないか。
むしろ、いるべきだ!その政策に共感し、支持者が増えていいではないか。

是非、政治政策を語って頂きたい。
ご教授、ご指南して頂きたい。
結果としてそれを支持する方向に、実際に行動に移す方向に(誘導ではなく自然に)流れていきたい!

心のオアシスに>
また気苦労の耐えぬ日々もありましょうから、イエスマンになれとは言いませんが、この保守に特化したSNSが保守政治家の心の癒しになればな、と思う次第であります。偏向につぐ偏向、良いことは一切報じられず、苦しい日々を送られているでしょう。。。
国、思う民がこんなにもいること。
心のオアシスになればな、と願う次第です。

そして
それを達成するのは貴方自身の言葉、日記、コメントであります。

問題提起と展望>
同様に、既存後援会の民度やモチベーションの低さというのも問題ではないか、という声もある。そのような選挙区もあるのだろう。特に、ネット環境などの情報ツールの差によって非常に大きな差があると感じた。
どうせなら後援会ごと加入して頂き、ネット経由で政治に入った方からは政策論議や「熱さ」、つまりは心を伝えて頂きたい。ネット経由で政治に触れた方は選挙や実効力では明らかに劣る。
実在の後援会は、モチベーションや民度、国家観や危機感には欠けるものの、実際に効果的な政治活動には強いという武器もある。

互いに共有しあえれば良いな、と思っております。
既存後援会に対し、真保守議員が如何に仕事をしており、如何に戦ってくれ、そして国民を守ってくれたのか。
その政治家の地盤の方に、直接お礼を伝えたいものだ。
いままで議席を守ってくれてありがとう、今回は厳しかったが戦ってくれてありがとう、と。

(請願書はその橋渡しとして設計されている)

是非、政治家だけでなく、後援会単位での参加もお願いしたい。

クリックお願いします。




SNS-FreeJapanとは? いままでの活動実績  桜で糾弾されているFreeJapanTVと、SNS-FreeJapanは違います。
ツイートでコメントできます。下記をクリック!(反映まで少し時間がかかる場合があります。)
 長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

2 Comments »

コメントする

    ツイッターでもコメントできます。
 
長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.