Home » 公開日記

現状とSNS ネット規制に対抗する

6 10月 2009 No Comment
以下は、ニュースにすべきかしないべきか迷っていた内容です。 怖がらせたり、不安に思わせたりせぬよう、との思いから迷いました。 他SNSでのアカウント制限処置> 先日のニュースで触れたように、特定アジア圏より睨まれていた方が、mixiよりアカウントの制限を受けました。 他にもちらほらと制限を受けたという例を耳にします。すべての裏はとれてはおりません。 振り返れば毎日訴訟の際も、同様のことがありました。 そして、これらのmixiのアカウント制限は、今後も続くと考えています。 毎日の場合は、確実に理由が明示されておりました、しかし今回は全うな理由があったにせよタイミングというものがあります。 アカウント制限の怖さ> 某マイミクをを引き合いに出しますが、日記を用いて相当に詳細な食料自給率の著作を書き溜めていたそうです。かなり落胆した御様子でした。 一部はマイミクのコメント欄に保存しているそうですが、消失分の被害は計り知れません。バックアップは必要です。 対策> 必要な日記データは外部ブログに移すか、外部ブログで検索エンジンにかかるのがイヤな方は青いSNSに移すか、本気で考えるタイミングだと思っています。また誰と誰がマイミクであったかもわかりにくくなります。 集団でこちらへの移住をお勧めします。 漏れをゼロには出来ませんが、朝日を初めとするIPをはじくことで比較的安全なSNSになっています。 mixiに比べれば劣りますが、基本機能は近いレベルを達成できています。 マイミクの価値 全員あアクキンになっても、どうにか復帰すれば問題ないのでしょうか? それは違います。かつて貴方がしてきたコメントに興味をもちHNを踏む方もいるでしょう。 また自分の日記だけならまだしも、つけられtコメントまで全削除。 心に響くコメント、資料性の高いコメントもあったでしょう。 これが消失するのでs。 とても怖いことです。 ===ここからさらに重要=== 背景> もともとネット上での選挙活動は禁止、選挙の事前活動も禁止なんです。 私たちのしていたことは、最初からグレーゾーンだったわけで、狩られる可能性は十分にありました。 だから専用の場所が必要だったわけです。 そこから> 選挙の事前活動とみなされる「政治活動」もNGになる公算はあったわけです。 民主政権ですから、mixiのアカウント削除も。当たり前っちゃ当たり前です。 mixiのスタンスを分析> ニュースの並べ方などを見るに、mixiはもうダメなんじゃないかと。 例えばナベツネ(読売新聞の大御所)が誰それと会っていたという重要ニュースは、モバイルオンリーでニュース配信され、PCでは閲覧不可。 また記事自体も数時間で削除されました。 想定状況> HPは不可能になるでしょう。 ブログもダメです。実際、公選法で馬渡先生が、選挙期間中のブログ更新で指摘を受けています。(これは選挙期間中です) http://mainichi.jp/chubu/newsarchive/news/20090906ddq0410... なぜなら両者は検索エンジンにかかるからです。 OKなものはあるか?> 検索エンジンにかからない=記事を読むために登録が必要 そのためSNSは「検索できない」(googleでは記事内容が見れない)→「公報ではない」という言い分で、いままではセーフでした。 いままではmixiもそうでしたが、昨今の事件を見るに公報扱いされてきているようです。恐らくは規模からのものでしょう。 mixiやモバなどの巨大SNSは、検索エンジンにはかからずとも、やはりNGとなるようです。 やがては小さなSNSもダメになるでしょう。 では、ここはどうか?> 小さなSNSもダメになるなら、ここもダメになるのではないか?そういう疑問を持たれるでしょう。 だから取得を急いでいるのが三種郵便の承認なのです。 規制を受けないために「三種許可」を取得しようとしています。 これを取れば、「選挙期間中も更新可能」で。 「選挙期間中も配布も可能」です。 そしてメディア・報道に近い扱いになります。 もちろん、母体であるSNS自体も「合法」になるという論法です。 日記の扱い> ここは「三種許可を受けた会報の原稿をみんなが書いてる場所」という名目にします。会報が「日記を使う」と明言したのは、それぞれを原稿扱いしての記述なんです。実際は、予算の都合上そんなに紙面は用意できず、初期はチャチなものだと思います。 号外と、ネット規制がかかった場合の逃げ道として緊急で用意しています。 最悪の場合を想定してますが ここ以外では、2ちゃんも含め、ネットでの政治活動や政治的発言は一切できなくなる可能性を考えています。というか、なる可能性が高いでしょう。 もちろん議員ブログなどは「政治活動」としてOKでも。 ある一定レベルを超えれば、個人は規制対象。 それは想定されるべき事態です。 だからここを作りました。 ↓保守系政治SNS↓ ↓いわゆる「青いSNS」↓ http://sns-freejapan.jp/ もしかしたら、ネット上で政治的な発言をできるのは、ここだけになるかも知れない、陰謀論などではなく、本当に危機感を抱いています。 将来的には憂慮しておくべき事項です。 ちょっとしたコピペや罵倒などでも、保守陣営のみを狙ってアカウントの制限がなされるのではないか?そのような危惧を抱く方もいるのではないでしょうか。毎日新聞の際もずいぶんとアカウントがやられたそうです。 そして、可能なら(ネット規制前に)準備しておきたいと思いました。 技術的にIPブロックをし、また手動でもおかしな工作員がいたらはじき、議論する場を用意しました。 それが、このSNSの存在意義の一つでもあります。 いまは技術開発とドキュメントに専念しています。 無理をしてまで収容人数を増やしたのはそのためです。 (この文章はネットに限定し、拡散フリーとします。URLは貼ってください)
クリックお願いします。



Comments are closed.