Home » 公開日記

平和賞

10 10月 2009 No Comment

バラク大統領のノーベル賞が報道された。 核廃絶を提唱したときのプラハのスピーチに「米国は核兵器を使用した唯一の国でありリーターシップをとる必要がある」 ノーベル委員会「グローバルの問題を解決するには、各国の責任ある分担」と述べています 日本の果たす分担責任は「唯一の被爆国としての応分の責任を果たすことです」 日本の応分の分担とは 各国との協力において、全ての国へ 被爆展示館の設置を行なうための支援金の提供を含む提案だと思います
クリックお願いします。



Comments are closed.