Home » 公開日記

【拡散希望】押し紙廃止でCO2排出量を0.4%低減できる

24 11月 2009 No Comment

<<要旨>>(外部公開にあたり追加) 朝日新聞など、売り上げが低迷している全国紙では押し紙の割合は30~40%に達すると言われている。朝日新聞の発行部数は公称805万部であり、この40%が押し紙であるとすれば、その重量は年間805万部/日×40%×200g/部×365日/年=23.5万tになる。紙1kgを製造・廃棄すると、CO2が約3kg発生するため、朝日新聞の押し紙によって約70万tのCO2が発生している。この量は日本のCO2排出量12億tの0.06%に相当する。 <<本文>> 1.押し紙とは何か? まずはマスコミ問題初心者のために、「押し紙」というものに
クリックお願いします。



Comments are closed.