Home » BackNumber, FreeJapan News

参議院選挙を振り返る 1 事前背景

14 7月 2010 4 Comments

皆さん、参議院選挙、お疲れ様でした。
遅ればせながら参議院選挙の振り返りを行いたいと思います。一部私見、個人的解釈が入ることをお許しください。

勝った選挙、負けた選挙、各選挙、各選挙区ごとにドラマがありました。
FreeJapanは、二度目の国政選挙を迎えました。衆議院選挙に比べ、よりリアル側への活動が強くなっていたかと思います。それらも交えつつ、各地の 選挙情報をここに記録します。


◆ネットラジオで開票速報

投票日11日 夜19:45より24:00
国民が知らない反日の実態まとめwiki 代表管理人と共にネトラジにて開票速報を放送しました。来場者も3000人を超え、ネトラジにしてはかなり注目 を集めたようです。当日の放送内容を簡単にまとめて行きたいと思います。

スペシャルゲスト:【らっこフェスティバル】さんのページ
麻生首相の声真似で有名、またニコ生を行っている歌い手さんです。

◆ラジオ冒頭

開票作業が開始するまで、現在の状況を振り返っていました。
少し今回の参議院選挙は難しい面もあったこと。というのは、保守陣営にとって必ずしも喜ばしい状況ばかりではなかったこと。

1)票の分散

保守票の行き場が、投票が本当に迷う状況であったこと。たちあがれ日本、日本創新党、国民新党。改革クラブ が好きだった方は、新党改革にも強い期待をもったでしょう。ただ、集中投票をせねば議席に結ばないゆえ、投票において本当に迷った方が多かった。決して自 民支持ではないが、民主の単独過半数を防ぐには・・・という苦悩の声もちらほら。真剣に考えている者ほど、有権者が迷う状況であったと思います。

特に、現状への危機感を強め保守に期待する層は、どこに投票すべきか深く迷ったように思います。私見としての意見は、「このような悲しい、そして難しい選択を有権者に強いる状況をつくった国政。保守陣営にも一考して頂きたい。」と いう注文をつけさせて頂きました。

かつて衆議院選挙を振り返る に、当時野党の民主党は「政権交代」の名の下に、反自民票・自民懐疑票を一極集中させました。当時、保守陣営は左翼と戦ったのではなく、また民主党と戦っ たのでもなく、「政権交代」と戦ったのだと思います。実際、民主党に投票した多くの国民は、投票先に迷うことはなかったように思います。その点では、小沢さん の作り出した状況は本当に上手であり、安易に過小評価してはならないと振り返っています。今回、我々が投票先に迷い、苦しむ ような状況は避けたこと、その選挙のうまさは正当に評価せねばならないと、今後も注視していかねばならないと考えます。

2)資本と改選議席について

麻生元首相への批判に聞こえるやも知れません。その判断は個人的には評価しているのですが、結果として今回の参議院選挙に影響を与える結果となったように 思います。というのは、衆議院選挙にて「本気で勝つつもりで全力の戦い」を挑んだため、それは誠に結構なことで、我々も微力ながらそれぞれの持ち場で戦っ たのですが、大敗を喫することとなってしまいました。
議席を守れていれば問題なかったのですが、大幅な議席減となり、それに伴い政党助成金も大幅に減少。自民党にはお金がなかった。

選挙前の事前情報として、涙を飲まれた元職衆議院議員の先生方は、僅差であった選挙区は支部長に復帰し党より活動費が支給されていました。しかし、民主党に差をつけられ た選挙区では支部長復帰はなされず、いまだ活動資金はほぼ支払われていないはずです。有名な例では、あの赤池先生でさえ支部長復帰は叶わず、対日教組の重点選挙区である山梨でさえ全員が支部長 復帰が叶わなかった。そのため、参議院候補者への支援にも一部制約が出てくる。動こうにも活動資金がない。

そうまでしないと、参議院選挙が戦えなかったのでしょう。また来るべき衆議院選挙に備える意味でも、資本の温存が避けては通れなかったのでしょう。戦略的 には仕方ない側面もあったかと思います。ですが相当に厳しい状況であったことが伺えます。

また資本の問題は候補者数にも影響を与えたように思います。投票所で感じたと思いますが、全国比例の候補数は民主党のほうが多かった。それ以上に一人区、 選挙区をしっかりと取っていくという戦術でもあったかと思いますが、二人区でも基本的には一人の候補に抑えています。そのため、非改選議席を民主党が多数 もっていることもありますが、参議院の総議席数において自民党が民主党を上回ることは公認発表時より難しかったこ と。(今回、自民は改選第一党となりましたが、これだけ勝っても総議席数は民主106、自民84です。)目的は、あくまで「与党過半数絶対阻止」のみに絞り、苦し い戦いを行ったように思います。

それだけの制約がある中、候補一人に一億はかかるとさえ言われる中、ギリギリの戦いを挑んだ選挙でありました。選挙はお金がかかるもの、資本の制約だけで はないでしょうが戦う前から難しい選挙でした。


◆開票開始

消費税問題などあり、実際はフタを開けてみるまでわかりません。民主に逆風が吹いており、小沢さんが主導した二人区への複数候補擁立は厳しい状況。ただし 開票されるまでなんとも言えません。
続々と当確が出てきます。

続きます。

SNSへの登録もお待ちしております(無料)

賛同者は1日1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村  政治ブログへ

クリックお願いします。




SNS-FreeJapanとは? いままでの活動実績  桜で糾弾されているFreeJapanTVと、SNS-FreeJapanは違います。
ツイートでコメントできます。下記をクリック!(反映まで少し時間がかかる場合があります。)
 長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

4 Comments »

  • SNS-FreeJapan said:

    SNS内にて公開していた選挙分析です。よければお読みください。  参議院選挙を振り返る 1 事前背景 http://bit.ly/c3K7gX

  • 伊予柑 said:

    RT @FreeJapan: SNS内にて公開していた選挙分析です。よければお読みください。  参議院選挙を振り返る 1 事前背景 http://bit.ly/c3K7gX

  • freejapan said:

    SNS内にて公開していた選挙分析です。よければお読みください。  参議院選挙を振り返る 1 事前背景 http://bit.ly/c3K7gX

  • citrusiyo said:

    RT @FreeJapan: SNS内にて公開していた選挙分析です。よければお読みください。  参議院選挙を振り返る 1 事前背景 http://bit.ly/c3K7gX

コメントする

    ツイッターでもコメントできます。
 
長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.