Home » 公開日記

【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫?

4 10月 2010 56 Comments

尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。

旧日本軍 化学兵器ニュース(何年前から騒ぐようになったのか調べています。)
1999年日本政府は中国と覚書:小渕第一次改造内閣(自民+自由党)。
遺棄化学兵器問題/化学兵器禁止条約/PCI事件etcは下記参照。

この機会に、是非登録を。(無料)


http://sns-freejapan.jp/?m=pc&a=page_o_public_invite

まずは、こちらのニュース
■旧日本軍遺棄の化学兵器、廃棄始まる 中国・南京
http://www.asahi.com/international/update/0902/TKY201009020005.html
2010年9月2日6時48分

【南京(中国江蘇省)=奥寺淳】旧日 本軍が中国に放置した毒ガスなどの遺棄化学兵器を廃棄する作業が1日、中国江蘇省南京で始まった。中国国内に約40万発あるとされる遺棄化学兵器を日本政 府の責任で爆破処理する作業で、中国で廃棄が始まるのは初めて。1年程度かけて南京の約3万6千発を廃棄し、他の都市にも広げていく方針だ。
1997年に発効した化学兵器禁止条約により、日本が資金を出し専門家を派遣して廃棄することが決まっている。日本は南京での廃棄事業に約35億円を支 出。移動式の処理施設が完成し、平岡秀夫・内閣府副大臣は同日、「(中国での処理事業が)発掘・回収から、廃棄という新たな段階を迎えた」と述べた。
黒竜江省で03年、旧日本軍が遺棄し た毒ガス兵器により1人が死亡、43人が重軽傷を負うなど中国側の関心も高い。式典に出席した中国外務省の張志軍次官は「(化学兵器は)日本の軍国主義が 犯した重大な罪の一つ。一刻も早く処理することで人びとの生命や安全への脅威を取り除き、中日関係の安定的発展に貢献する」とあいさつした。
南京の施設は、兵器を爆破して内部の化学剤を分解し、施設ごと別の場所へ移動することも出来る。南京での廃棄作業が終われば、湖北省武漢に移動して新たな作業に入るほか、河北省石家荘にも同様の施設をつくる方針だ。
化学兵器はこのほかにも吉林省ハルバ嶺に30万~40万発が埋まっていると推定されている。来年をめどに廃棄処理施設をつくる予定だが、「手作業で回収するため、処理できるのは年1万発程度」(内閣府)。12年4月となっている廃棄期限の延長は避けられない情勢だ。

■内閣府
http://wwwa.cao.go.jp/acw/index.html
[2010.09.01]
平成22年9月1日(水)、中華人民共和国南京市郊外で、日本政府を代表し平岡秀夫内閣府副大臣が出席して、日中両国政府の国民、OPCW (化学兵器禁止機関)、国際社会に向かって、遺棄化学兵器廃棄処理事業が日中両国の永年の努力を経て、開始されるというメッセージを発することを目的として、

遺棄化学兵器の廃棄事業開始行事を実施した。

△△△

2005年11月07日
・ODA停止後も無償経済援助を要求する中国 ~日本は中国の現金引出機か~
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50195002.html

円借款、新規打ち切り 中国、協議応ぜず 靖国・無償協力で対立:産経
二〇〇八年の北京五輪前までに新規供与を打ち切ることで日中両国政府が合意している中国への政府開発援助(ODA)の円借款に関する日中協議がストップ していることが六日、複数の関係筋の話で明らかになった。小泉純一郎首相の靖国神社参拝に反発する中国側が事務レベル協議に応じていないためだが、円借款 の終結方法や無償協力の継続などをめぐって日中間の見解が対立していることが背景にある。
日中両政府は、町村信孝外相(当時)と李肇星外相が今年三月に電話で会談し、北京五輪前までに円借款供与を打ち切る方向で協議を進めることで合意した。
四月に北京で開かれた日中外相会談でも、対中円借款を円満に終了するため事務レベルで協議を行う方針を確認していた。

日本側は、昭和五十四年度から始まった対中ODAの主要部分である円借款供与の打ち切りにあたって、「双方が経済協力の成果を祝え、『有終の美』を飾れるものにしたい」(外務省幹部)としており、日中双方で「最終プロジェクト」を検討することにしていた。
しかし、今春に中国国内で反日デモが頻発、小泉首相の靖国参拝問題の影響もあって「事務レベルでの協議はほとんど進んでいない」(同)状況にある。
日本側は円借款の新規供与打ち切り後も、温暖化対策など環境問題に関する技術協力や文化無償資金協力に限って継続する方針だが、中国側は無償資金協力に経済発展に寄与するインフラ整備も含めるよう水面下で求めているという。
来年度予算案編成を控えて、日本側は対中円借款に関する協議をすみやかに再開したい考えだが、「中国側が前向きに応じてくる保証はない」(日中関係筋)との見方も出ている。
日本政府内では、対中円借款の新規供与を終えるにあたって、すでに交換公文を締結した案件で二〇〇八年度以降にまたがる事業を除き、北京五輪前までにす べて打ち切るべきだとの意見と、対中関係を考慮して一部例外を認めるべきだとの両論があり、結論は出ていないが、中国側がこのままの対応を続ければ、「即 時打ち切り論」が勢いを増しそうだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~引用ここまで

ODA関係まとめを読めばお分かりかと思いますが、
【中国経済はポンジ・スキーム(ねずみ講)】(SNS内への日記リンク)
>2005年小泉政権下

中国は、第二次大戦後、日本への賠償請求権を放棄している。中国側には「対中ODA は賠償に代わるもの」という見方があるとされるが(28)、日本政府はこの見方を否定している。

参議院は2004 (平成16) 年、中国を含む6ヵ国に調査団を派遣し、現地調査を行った。その報告書では、「対中国ODA を引き続き推進することの必要性は見当たらなかった」との指摘を行っている(32)。小泉総理大臣も、11月末の発言で、中国はODA 卒業の時期を迎えているとして、近い将来に廃止するとの考えを示した(33)。町村外務大臣も同趣旨の発言を行っている(34)。

2004年―2006年中国ODA下火だった筈が、
2007年民主党衆議院議員:平岡秀夫氏が自民党政権下に揺さぶりをかけていた。

質問主意書 (遺棄化学兵器処理事業)

http://officematsunaga2.livedoor.biz/archives/50502439.html
07.11・30
民主党衆議院議員:平岡秀夫

http://officematsunaga.com/up/hiraokasitumon.zip

その、平岡秀夫氏が2010年9月1日、突如中国ODAとも言える遺棄化学兵器の廃棄事業開始行事を実施した!

フジタ社員4名が中国政府に身柄拘束9月21日早朝。
民主党政権が中国ODAを復帰しなければこの拘束事件は起きなかった筈だ。

平岡秀夫とはこんな人
■「犯罪者にも事情がある」 民主党・平岡秀夫の発言 【太田総理】

http://www.youtube.com/watch?v=LswADT-mSs0
4:30頃の発言に注目

他にも
2010/03/10 日経新聞:菅財務相「近くクビになると思いますから」・・・鳩山内閣改造観測、民主に早くも

>「私はそう長くは財務相をやらず多分、近くクビになると思いますから、その後はぜひ、平岡さんに……」。菅直人副総理・財務相は10日、都内で開いた民主党の平岡秀夫衆院議員のパーティーでこんなあいさつをした。

2010/08/21 【民主党】熱海の「リベラルの会」、菅直人首相に近い平岡秀夫や今野東、小沢一郎前幹事長に近い辻恵ら出席
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010082100233
> 民主党の護憲派の中堅・若手議員でつくるグループ「リベラルの会」は21日、静岡県熱海市で会合を開き、9月の党代表選への対応を協議した。同 グループは6月に行われた前回の代表選では菅直人首相を支持したが、この日の会合では首相の政権運営に対する不満が噴出。このため意見集約を先送りし、来 週中にまとめる政策要望に賛同した候補者を一致して支持していくことを申し合わせた。

会合には首相に近い平岡秀夫国家戦略室長や今野東副幹事長、小沢一郎前幹事長に近い辻恵副幹事長ら12人が出席した。席上、「首相を引き続き支えたい」 との声が多かったものの、「首相は政治姿勢がはっきりしない」「勝手な発言は困る」などの批判や、「小沢氏とも話したい」「独自候補を出すべきだ」との意 見も出された。

政策要望は、(1)集団的自衛権の不行使(2)米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設見直し-などが柱になる見通し。会合後、記者会見した今野 氏は「わたしたちの政策を実現していただける候補者を支持していく。できれば(グループの会合に)来ていただいて議論したい」と語った。

▲▲▲

平岡秀夫は管グループ、小沢と行ったりきたりしているのではなかろうか。
フジタは本当にいい迷惑で、政治家のODA利権に翻弄され、今回の尖閣諸島事件でコキントウに貸しを作ったようで中国共産党にも日本の政治家にもその利権が入る仕組みを作ったのだから、これで民主党が無駄だ無駄だと事業仕分けしている意味はまるでないことが分った。
つまり、太子党率いる習 近平(しゅう きんぺい、シー・チンピン)(温家宝も太子党)が団派:胡錦濤(こ きんとう、ホゥー・チンタオ)へ流れる莫大な利益を阻止する狙いもあったのではなかろうかという推測だ。
日本の血税が無闇に使われるなんて本当に信じられない。

レンホーに告ぐ!
『台湾独立に頑張れ』尖閣諸島を守り、沖縄を守り、日本を守るにはこれしかないだろう。

基本情報
■遺棄化学兵器問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E6%A3%84%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%85%B5%E5%99%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C
1980年代に、化学兵器の保有や開発まで禁ずる化学兵器禁止条約(CWC)の交渉がジュネーヴ軍縮会議で始まると、こうした遺棄化学兵器の処理について も議題として取り上げられた。1987年に中国の代表がジュネーヴ軍縮会議で、遺棄化学兵器の遺棄国の責任について初めて言及した[1][2]。日中間の 2国間交渉・共同調査なども並行して行われながら、1992年に遺棄国の責任が盛り込まれた条約草案が採択され、翌年に各国により署名された。
1997年に発効した化学兵器禁止条約は、1925年1月1日以降に他国の領域に同意なく遺棄された化学兵器(老朽化して使用不能となったものを含む)に ついて「遺棄化学兵器」と定め(2条6項)、現存地の管理国だけでなく、遺棄を行った国にもその廃棄を義務付けている(1条2項、3項)。処理ルールは検 証付属書第4部(B)が規定しており、遺棄を行った国が全ての必要な資金や技術などを提供し、遺棄された国は遺棄化学兵器の廃棄に協力する。遺棄化学兵器 が存在する場合には、締約国は速やかに化学兵器禁止機関(OPCW)に申告すべきとされている。原則として発効から10年以内の廃棄処理が求められる。

2003年8月4日にはチチハル市の工事現場において地中で発見されたドラム缶から旧日本軍の化学剤が流出して1人が死亡、43人が負傷した。日中政府間協議の結果、3億円の解決金が遺棄化学兵器処理事業費の一部として支払われた[9]。

1987年に中国から遺棄国の責任について発言があった後、1990年に中国から日本に対して非公式な旧日本軍化学兵器処理についての打診があった。翌年 から日中の局長級協議が始まり、日本の外務省から現地へ第1回調査団が送られた。1992年に中国から公式に日本の責任を問う声明が発表された。CWC発 効が迫った1996年から日中協議が本格化し、1997年8月に第2次橋本内閣で閣議了解された「遺棄化学兵器問題に関する取組体制について」に基づき、 内閣官房に遺棄化学兵器処理対策室が設置(後に内閣府には遺棄化学兵器処理担当室が設置)された。そして、1999年7月に第1次小渕改造内閣下で「日本 国政府及び中華人民共和国政府による中国における日本の遺棄化学兵器の廃棄に関する覚書」が署名され、翌年から実際の処理作業が開始された[1][2]。

遺棄の事実についての論争 [編集]
中国に残る埋没化学兵器は日本軍によって遺棄されたのではなく、終戦時の武装解除に伴い中国軍やソ連軍に引き渡され、その後に中国側によって埋没されたも のではないかとの指摘がある。これについて日本政府は、旧日本軍の化学兵器であると判明したものについては、中国側が残置に同意していた明確な根拠がない 限り、条約上の処理義務を負うものとの政府参考人による国会答弁を行っている。そして2005年時点では、手投式催涙弾の引渡記録が発見された例はあるも のの、そのほかの明確な根拠史料はないとしている[12]。その後、中国本土とは日本側の指揮系統が異なる台湾での化学兵器引渡に関しては、「あか剤」 「みどり剤」の発煙筒を第10方面軍隷下の日本陸軍部隊が中国国民党軍に引き継ぎした際の記録が確認された[13]。しかし、中国本土に関しては、シベリ ア史料館(山形県)所蔵の文献調査などが進められているものの、史料の1/3の分析が終わった段階では化学兵器の引渡記録は全く発見されていない [14]。
また、日本軍の保有していた化学兵器以外に、中国製やソ連製の化学兵器も含まれてしまっているのではないかとの指摘もある。日本政府によれば、発掘後に仕 分けを行って旧日本軍の化学兵器と確認されたもののみを処理事業対象として回収しているという[15]。広東省広州市黄埔区で2006年11月-2007 年2月に行われた発掘作業では461発の砲弾が発見されたうち、旧日本軍の化学兵器と確認できた砲弾など73発と不明のもの24発が事業対象として回収さ れ、残りは中国側に引き渡された[16]。ハルバ嶺での2008年度試掘調査では、661発の砲弾が発掘されたうち641発が化学砲弾だった[17]。

処理事業の運営に関する批判 [編集]
遺棄化学兵器処理事業には、1999年度から2007年度までで総額540億円が投じられている。その支出内容が不透明で、不要な施設整備に用いられたり する虞があると批判されてきた。これに対して、日本政府は、ヘリポートや変電所の整備は処理事業に必要な範囲で、支出は適切に行われているなどと反論して いた[18]。しかし、前述のように、大規模な施設整備が予定されたハルバ嶺事業については、2009年1月に合理性がないとして日本政府が事業の見直し を決めたと報じられている[6]。
また、処理事業のコンサルタント業務を受注していたパシフィックコンサルタンツインターナショナル(PCI)が、人件費の水増しにより事業費を日本国から だまし取った疑いが生じている(PCI事件)。PCIや遺棄化学兵器処理機構の役員らが詐欺罪の容疑で起訴され、一審で有罪判決を受けた[19]。

■遺棄化学兵器処理事業の経緯
http://wwwa.cao.go.jp/acw/keii/keii.html
■化学兵器禁止条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%85%B5%E5%99%A8%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%9D%A1%E7%B4%84
■外務省:化学兵器禁止条約(CWC)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bwc/cwc/
中国遺棄化学兵器の廃棄
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bwc/cwc/china.html
中国遺棄化学兵器処理に関する日中間の覚書の署名について(平成11年7月30日)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/cw/shomei.html
日本国政府及び中華人民共和国政府による
中国における日本の遺棄化学兵器の廃棄に関する覚書(1999年7月30日 於 北京)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/cw/oboegaki.html
■PCI事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/PCI%E4%BA%8B%E4%BB%B6
パシフィックコンサルタンツインターナショナル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

PCI事件
大手コンサルタント会社のパシフィックコンサルタンツインターナショナル(PCI)を巡る刑事事件。2008年にアジアに対する日本のODAに絡み、 PCI社やPCI幹部らによる詐欺や特別背任、不正競争防止法違反などの一連の容疑が浮上した。PCI幹部らが逮捕・起訴され、詐欺や不正競争防止法違反 に関しては有罪判決を受ける一方、特別背任については無罪判決が確定している。

中国遺棄化学兵器処理事業詐欺事件
2004年から2006年度にかけて、中国遺棄化学兵器処理事業について人件費を水増しした事業費を内閣府に請求し、計約2億9800万円をだまし取った 詐欺容疑で元PCI幹部4人が逮捕された。2009年3月、一審で被告人らは起訴事実を認め、詐欺罪の有罪判決を受けた[1]。
中国遺棄化学兵器処理事業特別背任事件
中国での遺棄化学兵器処理事業に絡み、計約1億2000万円を関連会社向けに支出させて、PCIに損害を与えたとして特別背任容疑で元PCI幹部が逮捕された。
ただし同事件に関しては、2010年5月に東京高等裁判所で元幹部二人に対し特別背任容疑に関する無罪判決が下り、検察側が上告を断念している(元社長の脱税容疑のみ有罪とされた)[2]。
香港裏金事件
PCIが2003年から香港の関係会社を使い、過去数年間に1億数千万円の裏金をプールして所得を隠したとして、法人税法違反でPCI幹部が逮捕された。
ベトナムODA事件
PCIがベトナムでの政府開発援助事業を受注した際に、現地高官に多額の賄賂を提供したとして、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)容疑で、元 PCI幹部4人が逮捕された。2009年1月、一審の東京地裁は、被告人の元幹部ら3人とPCI社に対し、不正競争防止法違反でいずれも有罪とする判決を 下した[3]。

PCI元社長ら4人有罪 遺棄兵器処理の詐欺事件
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032401000369.html
2009/03/24 12:09 【共同通信】

■平岡秀夫(内閣府副大臣:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B2%A1%E7%A7%80%E5%A4%AB
学位・資格 :法学士・弁護士

前職 :国家公務員(大蔵省)
所属党派 :民主党(菅グループ)
選出選挙区:山口県第2区

・2005年、前原誠司代表のもとで民主党が安全保障などで積極路線を強めた中、憲法9条維持や集団的自衛権の不行使などを主張して存在感を強め、2006年の民主党代表選挙でも一定の影響力を発揮した。なお、自身は菅直人のグループにも所属しているため菅を支持した。

·2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では再び山本を下し、5回目の当選を果たした。ただ得票差は1年前の補選に比べて半減し、民主党に追い風が吹く中で山本に詰め寄られた形になった。
·2010年6月9日に内閣府副大臣、国家戦略室長に就任した。
·2010年9月21日に総務副大臣に就任した。

所属議員連盟
·在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
·日韓議員連盟所属。
·朝鮮半島問題研究会
·北京オリンピックを支援する議員の会
·民主党娯楽産業健全育成研究会の常任幹事。

補足
·2006年11月15日、朝鮮大学校創立50周年記念祝賀宴に参加[2]。2007年10月3日、緊急集会「東北アジアの平和と日朝国交正常化―制裁を やめ対話と人道支援へ」(主催=緊急集会実行委員会、呼びかけ=東北アジアに非核、平和の確立を!日朝国交正常化を求める連絡会)に社民党所属の国会議員 らとともに参加[3]。その後、2008年に、北朝鮮との対話路線外交を推進する朝鮮半島問題研究会を立ち上げた。
·道州制による地方分権を積極的に推進。

SNSへの登録もお待ちしております(無料)

SNS-FreeJapanとは?
いままでの活動実績

賛同者は1日1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村  政治ブログへ

最後に、ポチッとお願いします。

クリックお願いします。




SNS-FreeJapanとは? いままでの活動実績  桜で糾弾されているFreeJapanTVと、SNS-FreeJapanは違います。
ツイートでコメントできます。下記をクリック!(反映まで少し時間がかかる場合があります。)
 長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

56 Comments »

  • 国思う一国民 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • 芳野エル said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • freejapan said:

    【資料】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫?【尖閣舞台裏】フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。その流れを追ってみた。 #FreeJapan #JNSC #senkaku #okinawa #seiji http://bit.ly/9QtSRf

  • ana_1003 said:

    苛める側にもそれなりの理由があるんですよ!の平岡 RT @FreeJapan: 【資料】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫?【尖閣舞台裏】フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。その流れを追ってみた。#JNSC http://bit.ly/9QtSRf

  • rakko001 said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • sawadawatanabe said:

    RT @rakko001: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • steiny57 said:

    RT @rakko001: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • masterleaton said:

    RT @rakko001: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • 田中 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • asahina_mukade said:

    やーさんのけじめ料かよw RT @rakko001 RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • kazzhero said:

    ばら撒きかw 3000人デモも報道無かったし日本終わってるね RT @rakko001: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • まゆみ said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • 777byte said:

    RT @rakko001: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • じゅんまんじろう said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。

  • kokuminnokoe said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。

  • hamorukana said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • hamorukana said:

    メモ @KOKUMINnoKOE @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。

  • kazuwtana0719 said:

    RT @hamorukana: メモ @KOKUMINnoKOE @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復 …

  • matakuy said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • hepuban said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • hamorukana said:

    RT @matakuy: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • kanetada_japan said:

    RT @hamorukana: メモ @KOKUMINnoKOE @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復 …

  • fuyu884 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。

  • kon_konchiwa said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • heartnn_bot said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。

  • okuro_93 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • nihonjintamasii said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • yamato_race said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • aburimochi said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • tetsutaro2010 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • kurokawahayato said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • harutati said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • aahoiyo said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • icecoffeeheart said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • ajimonotoizumi said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • nyanko_222 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。

  • mietowatashi said:

    RT @ANA_1003: 苛める側にもそれなりの理由があるんですよ!の平岡 RT @FreeJapan: 【資料】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫?【尖閣舞台裏】フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。その流れを追ってみた。#JNSC http://bit.ly/9QtSRf

  • aichikense said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • aile_y said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • radiobrain_456 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • mayu0mayu0 said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • junmanjirou said:

    RT @KOKUMINnoKOE: RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf 尖閣諸島事件で影に隠れてしまっているのですが、フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の …

  • hozumi ishikawa said:

    RT @FreeJapan: 【資料】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫?【尖閣舞台裏】フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。その流れを追ってみた。 #FreeJapan #JNSC #senkaku #okinawa #seiji http://bit.ly/9QtSRf

  • hozumihozumi said:

    RT @FreeJapan: 【資料】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫?【尖閣舞台裏】フジタ社員拘束事件で浮上、廃止したのにまた復帰の政府開発援助中国ODA。その流れを追ってみた。 #FreeJapan #JNSC #senkaku #okinawa #seiji http://bit.ly/9QtSRf

  • 光學 2号 said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • nikonsama said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • みぶろーし 178 said:

    中韓は俺達が守る!(キリッ  【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? | FreeJapan http://goo.gl/Zrrk

  • miburoushi178 said:

    中韓は俺達が守る!(キリッ  【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? | FreeJapan http://goo.gl/Zrrk

  • EUCO said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • aukoeuco said:

    RT @freejapan: 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? #FreeJapan http://bit.ly/9QtSRf

  • カルティエ 指輪 値段 said:

    iwc ポートフィノ カルティエ 指輪 値段 http://www.rrwat.com/

  • chloe 財布 said:

    and also instance is an identical. When designing unique reserve Chloe Bao Xin Key in Fatality beginner, Coaches gradually rolled away outstretched grip, Your sincerity observe us again. skin ice cold glimpse, my oh my. they appeared to be the best boundary the area classic manager ‘s chief, some monster Tangzhu make sure Hu Shi {and don’t|and|, Any time Shi Dong stated anytime his phone is actually put up in place. chased out and about.

  • UGGs Outlet said:

    gazing at his or her fingers promise blade connected with wining, it will likely be seldom come to be an individual, she gets also certainly not obtained to help. satisfied with the Fight it out nodded, his or her skin accompanied by a trace connected with mischief unveils a fabulous strong this means teeth, whilst expected. Xu Wujiang stressful coughed, to any extent further, folks that now not remain in Current mentor carriers problem.

  • louboutin v neck black said:

    a memoir of fashion dreamer’s life in vogue

  • mulberry hk price said:

    Lady Griz hand Selvig 800th career win with 68 61 victory over PortlandGriz up to fifth in TSN poll, highest ranking of seasonBig Sky honors Sac State QB SafronNorth Dakota football coach firedSince 1897, the Cat Griz rivalry has captivated the stateFamily health: Prepare yourself and your vehicle for winter drivingFitness calendarBirths for Tuesday, November 19Angler with 4th place total takes Fall Mack Days fishing tournament titleWestern Montana hunters get help from fresh snow, rutIf the name Grace Coddington is familiar, you’ve probably seen the 2009 documentary film “The September Issue” about Vogue magazine’s Editor in Chief Anna Wintour, the most feared and revered woman in fashion. Now Coddington, the longtime creative director of Vogue, has her own star vehicle, an engaging memoir titled “Grace,” co written with Michael Roberts. For anyone with a passing interest in the fashion industry, it’s worth a read for the name dropping alone.As became clear in the film, which chronicled the magazine’s staff as they put together the 4 pound September 2007 issue, Coddington is not the Anna Wintour or Diana Vreeland type. You won’t hear her barking orders at assistants or making dramatic pronouncements about pink.But she is equally passionate, a wild haired dreamer who thinks that fashion should be transporting, provocative and even intellectual, who bemoans the dominance of celebrities and digital hocus pocus in fashion photography and who isn’t afraid to take on Wintour.The book is a window into how fashion has changed from a small, niche business into a global pop culture medium. It chronicles Coddington’s 50 years in the industry, first as a model, then as a fashion editor for British Vogue and finally as creative director for American Vogue, with lots of juicy anecdotes about designers, photographers, celebrities and models.She compares the fashion world then and now and offers clues into her relationship with Wintour. She’s also open about her private life, including details about failed marriages, the tragic death of her sister Rosemary and her 30 year romance with French hairstylist Didier Malige. She tells colorful stories behind many of the fashion shoots she has styled, but I do wish she had offered more insight into her role in the creative process.Coddington begins by painting a picture of her upbringing as romantic as any photo shoot. For her first 18 years, her home was the Trearddur Bay Hotel on the island of Anglesey off the coast of North Wales. “Although it was bleak, I saw beauty in the bleakness.” When she wasn’t outdoors, she amused herself by looking at picture books, reading fairy tales and, yes, studying the pages of Vogue magazine. As a teen, she went to a convent school and has vivid memories of the nuns roller skating on the rooftop, “flapping about surreally in their robes like crows on wheels.”At 18, she moved to London to attend a modeling course advertised in Vogue. The fashion world was much different in 1959. Coddington had to learn how to apply her own makeup and style her own hair, because makeup artists and hairdressers specializing in photo shoots were nonexistent. A meeting with photographer Norman Parkinson led to her first modeling job running naked through the woods for an arty fashion catalog.Coddington became an overnight success. “I was a character, rather than a pretty model, and I suppose that’s exactly what I look for in the girls I now select to put in American Vogue the ones who are quirky looking.”She earned the nickname “The Cod” (to Jean Shrimpton’s “The Shrimp”), danced the twist on Mary Quant’s catwalk and became a muse to Vidal Sassoon, who created his famous five point cut on Coddington. Her modeling career was derailed for two years by a car accident, which scarred her left eyelid. But eventually things picked up again, and she settled into life in 1960s swinging London and Paris, hanging out with a fast crowd that included Michael Caine, Jane Birkin, the Beatles and the Rolling Stones.Her fashion editing career coincided with the beginning of her relationship with Michael Chow and the opening of his glamorous restaurant Mr. Chow, which attracted a starry crowd. “Naturally, we were forever being photographed at home, draped among our symbols of ‘with it ness’ as one of London’s most happening couples; him, the cool young restaurateur, nonchalantly swinging in a hammock hung from the minstrel’s gallery and me, the sophisticated style maker, perkily sitting cross legged atop a giant pop art version of a Campbell’s soup can.”At the height of the bohemian 1970s, she dyed her hair with henna and permed it (it would stay the same for much of the next 40 years), dressed almost exclusively in Yves Saint Laurent, had a fling with a Vietnamese photographer and spent her evenings at Club Sept in Paris. Coddington worked with the who’s who of fashion. She shot Anjelica Huston with photographer David Bailey and Pat Cleveland with Helmut Newton.When Bea Miller, who had edited British Vogue for 22 years, retired, Coddington interviewed for the job but says she knew deep down she wasn’t suited for it and thought that Wintour, then the creative director of American Vogue, should get it.Wintour did get it. Two days into her editorship, she invited Coddington to a screening of the racy film “Betty Blue.” The two sat in dead silence through the opening sequence, a vivid five minute sex scene.”Anna was rigid and unmoving. No sign of any emotion at all,” Coddington writes. “I then realized how much significance Anna places on willpower trumping feelings.”In 1988, when Wintour was appointed editor in chief at American Vogue, Coddington asked to join her. Coddington’s narrative style fashion features and travelogues, a sampling of which appear in the book, became the heart and soul of the magazine, even as its pages became increasingly taken over by celebrities. Through her visual canvases, she interpreted the New Romantic period, grunge and the South Beach blinged out 1990s, and persuaded superstar designers Tom Ford, Marc Jacobs and others to play roles in a shoot based on “Alice in Wonderland.”She sums up her creative process this way: “For me, one of the most important aspects of my work is to give people something to dream about, just as I used to dream all those years ago as a child looking at beautiful photographs.”The book ends with a chapter on then and now. “Fashion has changed so much in my lifetime,” Coddington writes. “Today, I find myself at the collections, asking, ‘Who are all these people?’ Sometimes I think I’m the last remaining person who comes to the shows for the pleasure of seeing the clothes.”At 71, she seldom wears makeup and doesn’t socialize much. But her attempt in the last 100 pages to distance herself from the term “fashionista” is a bit of a stretch. Clearly, Coddington has led a most charmed life. Otherwise, we wouldn’t be reading about it.We provide this community forum for readers to exchange ideas and opinions on the news of the day. Passionate views, pointed criticism and critical thinking are welcome. Comments can only be submitted by registered users. By posting comments on our site, you are agreeing to the following terms:

  • Karen Millen Sale UK said:

    I actually have been seeking out specifics of this 【尖閣舞台裏】中国へばらまき、黒幕は平岡秀夫? | FreeJapan problem for some time Karen Millen Sale UK now. So, really appreciate you taking the time to write about it.

コメントする

    ツイッターでもコメントできます。
 
長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.