Home » FreeJapan News, 告知事項

「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan

18 2月 2011 11 Comments

皆さんはFJの請願活動について、もちろんご存知のことと思います。

FJでは、有志が国政の懸案事項に関し国会法に基づく請願書を作成し、署名を集め、主に自民党の国会議員の先生方に紹介議員になっていただいて国会に届けるという運動を行っています。

請願は、選挙の投票以外では、国民の意思を直接政治に反映させる唯一の手段です。
第174国会にはFJの請願の内4種類が提出されましたが、民主党政権が会期末処理をしないまま閉会するという前代未聞の事態がおきたため、残念ながらFJのものを含む全ての請願が紙くずとなってしまいました。提出された記録が残っているのみです。しかし落胆することなく、また新たに始めなくてはいけません。私たち一般国民の政治活動は、生活と平行しつつ、何事も「倦まず弛まず諦めず」が肝心ですからね。

さて、春には統一地方選挙がやってきます。
私たち国民の政治への関心は、どうしても報道の多い国政へと向きがちです。しかし、皆さん、外国人地方参政権反対運動を通し、また昨今明らかになってきた住民投票基本法案が外国人の参加を容認している問題を知り、或いは中国領事館の大規模土地取得問題日本人の若者を置き去りにした外国人留学生優遇策を調べる内に、地方政治というものがどれだけ私たちの日本のあり方を左右するものであるか、歯がゆい思いとともに実感したことを忘れてはなりません。

「国防はまず地方から」です。地方議会が、しっかりとした国家観を持ち、国益と地元の利益をバランスよく意識できるような保守的な議員を数多く擁するならば、これらのような問題は起きないのです。現在議論が交わされているように、地方分権や道州制によって外国人勢力が日本をモザイク状に侵食し易くなるのではないか?といった懸念も無くなるのです。

重要な点は二つ。
一つは、地方議会の「防御力をあげること」です。残念ながら確かな国家観をもった先生は少ないのが実情です。外国人参政権を容認する議決が過去あったこと。朝鮮学校への対応。いま振り返れば、侵食されていったのは地方自治体からでした。地方自治法の問題を初め、中国領事館問題等、地方の防御力は高いとは言えません。

これに付随して思うことは、国家観をもった議員ほど「美名の元に行われる左翼からの攻撃」にさらされ続け、我々が知らぬ間に何十年もボロボロになって最前線で戦ってきてくださったということ。まずは感謝と賞賛を。
これを忘れてはなりません。少ない同僚、仲間に恵まれぬ中、ただひたすらに日本を思い「右翼と罵られ」「揶揄され」叩かれ続けてきました。
その人たちを、守りたい!支えたい!

同じ願いの方は、クリックをお願いします。
そうだ!と思った方は、カチッとクリックお願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村  政治ブログへ
(フォロワーにも読ませたいと思った方は、右上の「ReTweetボタンをクリック」)

二つ目は、来るべき国政選挙の前哨戦として。
地方自治は、国政の兵隊や部下、子分ではありません。その地域から選出された、代わって議論をする、代表者です。決して国政に隷属するものではありません。
地域の問題を国政に提言することで、地域を守っていきます。その課程で、「あるべき国政」のため、国政選挙においては一人ひとりが礎になってくださいます。国政の議席は、栄えある地方議員の祈り、一つ一つをピースとして、その集合体としてあるのです。
地方議席を、国を思う者たちが確実に保持することは、それはそのまま国政選挙においては「地域の国政の議席」を何色にするかを決定するのです。

地方議員は、国政の部下でも子分でもありません。地方議員たちが、国政を選ぶとも言えるのです。
有権者の投票行為の判断基準において、「いまの国政がどうであるか、市政がどうであるか」地方議員が伝え続けた結果としての、国政があるからです。

そう考えれば、今回の統一地方選挙がどれだけ重要なものであるか、おわかりになることでしょう。私たちは多くの保守的な議員に議席を確保してもらえるよう、支援していかなくてはなりません。そして、そのような議員に、まず私たちの地元をしっかり守ってもらうのです。

やり方は簡単。
「この先生は、こんな思いを持っていて、それは正しいことだと思うんだ、貴方はどう思う?」と、先生の活動を伝えていくだけ。日の当たりにくい地方自治において、しっかりと活動報告を伝えていくことです。

より効果的に、一般層に意見を発信する方法はないでしょうか?ネット以外のツールを用いて。
現実では、PCの前に相手が座っているわけではありません。他のツールも使うことができたほうが、強い。
その中で、政治的な興味付けを効果的に行うと共に、強力なツールとして使用できるよう作られたのがFJの請願たちです。

<続編>
「請願活動の勧め」作戦2--候補予定者がFJ請願書を採用--

SNS-FreeJapanとは? / いままでの活動実績
FreeJapanTVとは違います。

mixiで知らせる。

クリックお願いします。




SNS-FreeJapanとは? いままでの活動実績  桜で糾弾されているFreeJapanTVと、SNS-FreeJapanは違います。
ツイートでコメントできます。下記をクリック!(反映まで少し時間がかかる場合があります。)
 長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

11 Comments »

  • 「請願活動の勧め」作戦2--候補予定者がFJ請願書を採用-- | FreeJapan said:

    […] 「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ--の続きです。 […]

  • freejapan said:

    RT @freejapan: 「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan #freejapan http://bit.ly/fEs7UD

  • indigo_zhihui said:

    RT @freejapan: RT @freejapan: 「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan #freejapan http://bit.ly/fEs7UD

  • clabrar said:

    RT @freejapan: 「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan #freejapan http://bit.ly/fEs7UD

  • cirsium_rue said:

    RT @clabrar: RT @freejapan: 「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan #freejapan http://bit.ly/fEs7UD

  • odajimaouhachi said:

    「請願活動の勧め」 #seigan http://t.co/ZEuKLHk via @freejapan
    声を文書に残すことは大事です。譬え反故にされても証拠が残りますから、後からいくらでも脅しが...ゴホゴホッ

  • freejapan said:

    RT @odajimaouhachi: 「請願活動の勧め」 #seigan http://t.co/ZEuKLHk via @freejapan
    声を文書に残すことは大事です。譬え反故にされても証拠が残りますから、後からいくらでも脅しが...ゴホゴホッ

  • b20a said:

    RT @odajimaouhachi: 「請願活動の勧め」 #seigan http://t.co/ZEuKLHk via @freejapan
    声を文書に残すことは大事です。譬え反故にされても証拠が残りますから、後からいくらでも脅しが...ゴホゴホッ

  • freeobligation said:

    「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan | FreeJapan http://t.co/D8zLlvq via @FreeJapan

  • megu11250 said:

    「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan http://t.co/JNJOv5l via @freejapan

  • klovejpn said:

    RT @megu11250: 「請願活動の勧め」作戦1--請願書が地方と候補予定者と国政をつなぐ-- #seigan http://t.co/JNJOv5l via @freejapan

コメントする

    ツイッターでもコメントできます。
 
長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.