Home » BackNumber, 公開日記

「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済

14 12月 2012 30 Comments

「市場の声」と耳にする機会も多いと思います。
さて、この市場の声とはどのようなもので、ニュースに触れる際、どう認識すればよいのでしょうか?
この用語について掘り下げてみたいと思います。

「経済成長3%以上」自民公約に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2231046


市場の声とは株取引をする方々を言いますが、この方々の行動は実にシンプル、かつシビアです。

何故なら国が疲弊しようが発展しようが関係無い、国民が生活に苦しもうが喜びようが関係ない。

あくまで自分が苦しむか喜ぶかの判断です。

多くの方が誤解していますが「日本経済」を知るために日経新聞などが確かな情報と信じ込んでいます。

その日経新聞などが言う「日本経済」の中に自分が含まれていると思っています。

残念ですがあなたも私も含まれていません。99%の国民が含まれていません。

じゃあ誰を対象にした新聞なのかと言えば経団連等のグローバル多国籍企業内の経営陣とその株主、そして市場の声です。

グローバル多国籍企業内の経営陣とその株主も「日本の経済(国民の生活)」など関係ありません。あくまで自分が苦しむか喜ぶかの判断です。

だから経団連等のグローバル多国籍企業に勤める人も、その大企業の下請けの中小企業も99%の国民です。

まず上記を頭に叩き込んで下さい。

どれだけ私達がマスコミにいとも簡単に動かされているのか、難しい株などの話をするのではないので以下お読みください。

安倍総裁の一言で日本株が上がり円が安くなりました。


―安倍ウィークで円安進む コストパフォーマンス良好 ただ懸念は根深い
http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=166843より以下抜粋

予想外に円安が持続し、円関連のトレンドは全て上昇を示現している。

自身もそうだが、欧州情勢や「財政の崖」への警戒感が強く、米株も軟調な動きが続く中、ファンド勢の仕掛けもあり、円安は続かないと高をくくっていたショート勢は、完全に踏み上げられてしまったようだ。

選挙後に次期首相が有力視されている自民党の安倍総裁からの、白川日銀総裁の去就も含めた、日銀への圧力が奏功した格好。

週末の2日間でドル円は2円近く上昇している。ちなみに、昨年10月末~11月末に実施した為替介入額は単月で過去最大の約9兆円だった。その時のドル円の上昇は概ね3円弱。今回は日銀を脅してやっただけなのでタダ!。さらに米株下落にもかかわらず、なぜか日経平均は週末の2日間で360円上昇し、東証1部の時価総額を9.5兆円増やしている。すこぶるコストパフォーマンスが良いと言え、今回は空気を見事に読んだのかもしれない。

―以上抜粋転載終わり

要は投資家たちは無策だったこれまでの民主党政権から自民党・安倍首相になり日本の経済が上昇すると判断したからです。

世界の株式時価推移

株価麻生政権

上のチャートの通り、自民党政権から民主党政権になり株価は下がり続けJAPANの一人負け状態です。

彼らは政権交代でデフレ脱却し日本の経済は上昇しこの先に日本株は上がるから、現状デフレから脱却出来ず低迷する日本株を安いうちに買っておこう、あくまで自分が苦しむか喜ぶかの判断でそれだけの行為です。

だから党利党略も関係なく「自民党・安倍首相になり日本の経済が上昇する」とシンプル、かつシビアに判断しました。

大事な事はトレンドの上がり下がりではなく、私達99%の国民が実態の生活苦から脱する為に必要なのは、投資家たちが好材料と判断した「デフレ脱却」が確実に実施される事です。

しかし私達99%の国民が目にするマスコミ情報は

『9000円台「安倍バブル」 金融緩和の期待が先行
http://www.asahi.com/business/intro/TKY201211160832.html

『安倍総裁:建設国債の全額日銀引き受け検討 独立性懸念
http://mainichi.jp/select/news/20121118k0000m020037000c.html


「安倍バブル」
「日本銀行の独立性懸念」
「国債の信用が失われる懸念」
「放漫財政に繋がる懸念」

 

「懸念!」「懸念!」「懸念!」

この種の「印象的」なフレーズをフル活用し、「正しいデフレ対策」である、「通貨を発行し、借りて、所得になるように使う」を妨害しようとする。

同時に、安倍総裁を不安視させ、貶めようとする。「正しい政策」について、あたかも胡散臭いものであるかのような印象操作を行い、政策と政治家を共に潰す。

思い出して下さい「小泉劇場」でマスコミが小泉政権を圧倒的に支持し国民に印象操作を行い、議員定数の2/3を取るという驚異の結果が出ました。

小泉構造改革は「経団連等のグローバル多国籍企業内の経営陣とその国内外株主」が利すり、それ以外の99%が犠牲になるアメリカ社会そのものを理想とするものでした。

その政策を反転させデフレ脱却の元、国民に雇用と所得を与えようとしたのが麻生政権であり、また現在の安倍自民党です。

麻生・安倍経済政策で一番困るのは「経団連等のグローバル多国籍企業内の経営陣とその国内外株主」です。麻生政権の打倒の為、そして安倍自民党も凄まじいほどのマスコミのバッシング。

小泉政権と比べて、これが同じ自民党への評価なのかと。マスコミが誰を対象に誰が利するように記事を書くのか理解せねばなりません。

まさに小泉構造改革をもっとパワーアップさせ「経団連等のグローバル多国籍企業内の経営陣とその国内外株主」が利すり、それ以外の99%が犠牲になる社会を目指しているのが「日本維新の会」です。(たちあがれ日本・太陽の党経由の候補者を除く。)

政治経験もない付け焼刃で集めた素人や、民主党から逃げ出した無能な議員の寄せ集めをマスコミは「期待の第三極」と国民に刷り込んでいます。本当に分かりやすい行動に出ています

特に悪質なのが「○○大学の経済学部の○○さん」「○○証券のチーフエコノミストの○○さん」という肩書の人にそれらを語らせる訳です。経済を知らなければ皆さん鵜呑みにするわけです。

最初にお話ししているように、その人達は誰に対して何が目的であるかを念頭に置かねばコロッと騙される訳です。

「○○大学の経済学部の○○教授」は「新自由主義」や「新古典派経済学」が素晴らしいと本を書き、格差を生みデフレを益々助長した「小泉構造改革」と言う「新自由主義」を後押ししてきた。学生達にも教えているでしょう『これからはグローバル経済の時代です』と。今さら最も基本のマクロ経済学で日本が景気回復しようものなら彼らの立場はありません。

その点、ノーベル経済学賞をとったアメリカのポール・グルーグマンは間違えは間違えで己の経済学を転換出来る真の経済学者。安倍総裁のデフレ脱却をグルーグマンも唯一の道と唱えています。

「○○証券のチーフエコノミストの○○さん」は経団連等のグローバル多国籍企業内の経営陣とその株主の為に「新自由主義・グローバル経済」を遂行するためにデフレであり続けねばならない。だから懸念と言って国民には「デフレ脱却政策」を疑問視させる必要がある。

そしてもう一方のお客様の市場の声(投資家)に『えっ?市場の声(投資家)に「懸念」を伝えて危ないって言ってるの?』と疑問を持たれるかもしれませんが、初めに話したように市場の声(投資家)は日本がどうなろうが、どうでもよい話で安い時に買い高い時に売れれば良い。

だから例えば日経新聞の99%の国民が目にしない有料会員記事を読むと、懸念などと言う言葉は聞かれない。

日経平均一時2カ月ぶり高値、「変わる政治」への期待は続くか プロに聞く 2012/11/19 12:46
http://www.nikkei.com/markets/kabu/market-focus.aspx?g=DGXNMSGD1903R_19112012000000&df=1

円安・株高誘う安倍発言、市場が注視する賞味期限 2012/11/18 3:30
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1603Z_W2A111C1SHA000/

会員になれば読めるのでお勧めしますが、その内容は概ね

『これまでの決められない政治、経済無策から自民党政権のデフレ脱却により経済は好転する。

ただし民主党及び第三極が伸びた場合、自民党の掲げる政策の実現性も変わってくる。

それにより実現出来るかどうかの声もあるが円安・株高の流れを維持していくには、一連の発言を確かな政策に反映させる作業が不可欠だ。』

このようにシンプルかつシビアに市場の声(投資家)に伝えています。

アメリカ大統領選でオバマ(民主党)VSロムニー(共和党)の政策の違いを日本のマスコミはオブラートに包んだような表現に終始していました。

それは何故かと言えば、オバマは経済再生の為に安倍さんの手法であり、ロムニーは小泉さんや橋本さんだったから。

「金融緩和でお金を刷り、国民に仕事を与えて雇用を確保しますよ。到達するまでその手は緩めませんよ。」byオバマ。

有料会員記事の中でしっかりと書かれています。

オバマの政策が共和党の反対(「財政の崖」)を克服出来ればアメリカ経済も好調になる。米国の「財政の崖」の問題をめぐる協議が順調に進めば、日経平均は年末にも9500円を超える可能性があるとみている。

結局、安倍経済政策やオバマ経済政策が順調に行われれば経済が好転するから株は上がりますよと言っている。

では最新の日経の表(国民)と裏(市場)で真逆な事を言い続ける本音(裏)を転載以下

———


「脱デフレ」明確に掲げたことを評価
http://www.nikkei.com/markets/kabu/market-focus.aspx?g=DGXNMSGD2203D_22112012000000&df=2

マネックス証券チーフ・エコノミスト 村上尚己氏

自民党が「脱デフレが最重要の問題」だと認識していることは評価できる。焦点だった金融政策との絡みについて、「日銀法改正も視野に」と明記した。

米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)など海外中銀が金融緩和競争を繰り広げる中で、一般的には「なぜ日銀は(一段の緩和に)積極的ではないのか」との評価があった。

日銀による建設国債の直接引受など、公約発表前に安倍晋三総裁が言っていたことの一部は現実に照らして修正したが、大枠の方向性は維持しており、マーケットの評価が変わっていないことはこのところの株価や為替動向が示している。

一部では緩和の積極化で将来のインフレの可能性が高まるとの警戒感もあるが、やはりデフレという現実が日本の最大の問題だ。公約でも物価目標について「欧米先進国並みの2%」を政府・日銀が定めることとしており、それはインフレになれば金融引き締めなどを通じて安定的な目標達成を目指しているということになる。

外交・安全保障をめぐっては保守色がメディアで強調されるが、2006年に安倍政権が発足したときに真っ先に訪問したのは中国だった。外交に関しても現実路線をとるだろう。環太平洋経済連携協定(TPP)については、野田首相は選挙の争点にしたいようだが、交渉のテーブルにつくこと自体を否定しない自民党の方が現実的。選挙の争点もしくはマーケットの材料としては少し旬が過ぎているような印象がある。

今後は12月16日の投開票に向けて各党支持率などが具体的に出てくるため、自民党の公約の実現性を見極める局面に入る。日本株に関しては、2013年3月期の企業業績予想はまだ前期比でプラスを保っている。

円安で増益幅も増えそうで、業績面での下値不安はあまりない。むしろ、金融緩和への思惑など国内要因だけでも為替が対ドルで84~85円など80円台半ばまで円安が進む可能性がある。そうなれば日経平均株価が年末に向けて9500円を超えることもありうる。

————-

こんな記事や報道を私達は目にすることなく、聞こえてくるのは

「安倍の暴走!日本経済が危ない!」ばかりです。

マスコミはちゃんと裏と表を使い分けているのです。

TPP
消費増税
中央集権打破、小さな政府 道州制

を、中立報道に見せかけながらも「○○大学の経済学部の○○さん」「○○証券のチーフエコノミストの○○さん」にコメントさせて後押ししてきました。

これ全部「経済界」からの要求であるから、そこのところ国民は重々理解すべきです。

そもそも、前回の選挙は「構造改革」とデフレで疲弊しきって、格差、失業、下がり続ける給与をどうにかして欲しいと言うモノが国民の争点だったはずで、今回もアンケートでは世論の半数以上が経済を何とかして欲しいと言うモノ。

それを全く真逆に推し進める民主党に政権を取らせ、国民の声を叶えようとした麻生を叩いた。

今回も全く同じ国民の声を叶えようとしている安倍を叩き、国民がNOを突き付けていた「構造改革」「新自由主義」を推し進めようとする橋下維新を『橋下ならこの国を引っ張ってくれる』と印象で語り、またそれに乗っかる国民。(たちあがれ日本・太陽の党候補者を除く。)

ちまたのマスコミは

「ハイパーインフレが起こるぅぅ」

と連日朝から晩まで国民を嘘で恐怖に陥れている。

景気に一番良好なインフレ率は4%と言われます。それを目指し安倍さんは2%を目標に金融緩和をすると言っています。

ハイパーインフレとはインフレ率13000%です。

この状態になるには戦争で焼け野原になり何も無くなった状態、もしくは今日本人すべての人に10億円与えた場合もハイパーインフレになります。

2%を目標に金融緩和をするのに、何処をどうすれば13000%になれるのか。

お昼の番組で自民党の経済政策を説明し、これではハイパーインフレを引き起こすと。


そして女性コメンテーターがこう言いました。

「私は経済は分からないけど、分からない私が考えてもこれはおかしい」

いや、経済が分からないのに何千万視聴者に対して「おかしい」という事がおかしいし、国民の殆どはこの女性と同じく経済が分からない、それを良い事に歪曲扇動して正しい政策を毀損させることは最早犯罪の域に達している。

日本の命が「マスコミの既得」で左右されるのはマッピラご免です。

安倍自民党の経済政策を理解したい人は下記日記で物凄く簡単に説明しました。ご参考になさってください。

デフレって何ですか?今さら人に聞けない事・・・
http://www.sns-freejapan.jp/2012/12/14/def1/

クリックお願いします。




SNS-FreeJapanとは? いままでの活動実績  桜で糾弾されているFreeJapanTVと、SNS-FreeJapanは違います。
ツイートでコメントできます。下記をクリック!(反映まで少し時間がかかる場合があります。)
 長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

30 Comments »

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn http://t.co/0pLfqmsG @freejapanさんから

  • kajiwara_tomoko said:

    絶対読んどいた方が良いけど…何か読みにくい記事^-^; #愛国 #経済 >「市場の声」の意味するものとは。 http://t.co/VbuDE0ZO

  • kanariya0511 said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/jo4iTDoI @freejapanさんから

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/jo4iTDoI @freejapanさんから

  • sango_jp said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/bRKk4niu @freejapanから

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/bRKk4niu @freejapanから

  • fukara_mayumi said:

    大事な事はトレンドの上がり下がりではなく、私達99%の国民が実態の生活苦から脱する為に必要なのは、投資家たちが好材料と判断した「デフレ脱却」が確実に実施される事です。http://t.co/5sa0x67B #freejapan

  • fukara_mayumi said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/5sa0x67B @freejapanさんから 安倍総裁の発言で株価は実際に上がった。それなのに「日銀の独立性に懸念」「ハイパーインフレが」といい募るマスコミの大嘘!!彼らの虚言の目的とは。

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/5sa0x67B @freejapanさんから 安倍総裁の発言で株価は実際に上がった。それなのに「日銀の独立性に懸念」「ハイパーインフレが」といい募るマスコミの大嘘!!彼らの虚言の目的とは。

  • nikonsama said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/YAdaelRQ @freejapanさんから

  • wiz_mephist said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn http://t.co/0pLfqmsG @freejapanさんから

  • nikonsama said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/YAdaelRQ @freejapanから

  • jiihiro said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/dEIAWXda @freejapanさんから #マスコミ #消費税 #選挙 #解散 #衆議院 #原発

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/0pLfqmsG @freejapanさんから

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/YAdaelRQ @freejapanさんから

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/YAdaelRQ @freejapanから

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/dEIAWXda @freejapanさんから #マスコミ #消費税 #選挙 #解散 #衆議院 #原発

  • senasatoi said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/bRKk4niu @freejapanから

  • senasatoi said:

    大事な事はトレンドの上がり下がりではなく、私達99%の国民が実態の生活苦から脱する為に必要なのは、投資家たちが好材料と判断した「デフレ脱却」が確実に実施される事です。http://t.co/5sa0x67B #freejapan

  • senasatoi said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/5sa0x67B @freejapanさんから 安倍総裁の発言で株価は実際に上がった。それなのに「日銀の独立性に懸念」「ハイパーインフレが」といい募るマスコミの大嘘!!彼らの虚言の目的とは。

  • nikonsama said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/YAdaelRQ @freejapan

  • freejapan said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/YAdaelRQ @freejapan

  • uttiee56 said:

    これはよくまとまっていますね。 – 「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/kV8UpVvr @freejapanさんから

  • ikuemiamy said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/LXN8QBbT @freejapanさんから

  • チラシ配布人 said:

    RT @Fukara_Mayumi: 大事な事はトレンドの上がり下がりではなく、私達99%の国民が実態の生活苦から脱する為に必要なのは、投資家たちが好材料と判断した「デフレ脱却」が確実に実施される事です。http://t.co/5sa0x67B #freejapan

  • 特亜3国は大嫌い・スパイ防止法制定 said:

    「市場の声」の意味するものとは。 #jimn #政治 #経済 http://t.co/p3hDdhwKAO @freejapanさんから

  • [バッグ アウトレット] said:

    バッグバッグ [バッグ アウトレット] http://www.paralinterior.info/

  • サマンサ アウトレット said:

    クレージュ 財布 サマンサ アウトレット http://www.bagsrates.com/

  • 环氧地坪施工 said:

    水性环氧地坪材料施工水性环氧地坪材料施 环氧地坪 工是由聚氨酯、环氧树脂以及丙烯酸酯树脂共聚而成的,固化后形成的涂膜具有交联结构,突出的耐水性、耐碱性、耐溶剂性、耐划伤性及耐磨擦性;由于涂膜兼有环氧树脂、聚氨酯以 水性环氧地坪 及丙烯酸酯树脂结构,因此涂层具有环氧树脂优异的防腐性能、附着力;聚氨酯突出的耐磨性、柔韧性以及丙烯酸酯树脂杰出的耐候性、耐水性。贮存稳定性佳;VOC低,制备与施工安全环保、符合日益要求严格的环保要求及使用要求,应用前景广阔,环氧地 环氧地坪漆施工工艺 坪漆施工工艺。 产品性能: 1、涂层自流平,平整光洁度好,最便宜的大概8元~30元㎡不等,美观亮丽。 2、涂层固化后韧性好, 耐磨,耐压,耐冲击。 3、耐弱酸,碱,

  • 环氧树脂地坪漆 said:

    环氧防静电自流平地坪施工环氧防静电自流平地坪系统特征: 1、厚度2.0mm-3.0mm;亮光型,使用年限为:10-15年。2、适用于电子、微电子、通讯、计 并渗入到混凝土内层 算机、精密仪器、纺织、印刷、粉体、化学、有机溶剂、瓦斯等一切需要抗静电的工厂的墙面、地坪及储油罐。 环氧防静电自流平地坪性能特点: 1、 水性环氧地坪 表面光洁平整、美观,颜色多样,防尘防潮易清洁;2、抗静电效果优良持久,不受时间、温度、湿度等影响;并有效排除累积之静电并做好接地处理,能有效清除及防止静电或电磁波的产生,并渗入到混凝土内层,水性环氧地坪。3、具有优异的耐磨耗性能及抗刮伤性能,载重、抗冲击力性强,能满足重型叉车行走要求。4、具有耐酸、耐碱 环氧树脂地坪漆

コメントする

    ツイッターでもコメントできます。
 
長文の場合は、最下部のコメント欄よりお願いします。

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.