Home » Archive

カテゴリ: 更新情報

【報告】FJ創刊号の影響

ある会員さんより嬉しい報告を受けました。
匿名で、という条件で事務局日記にて報告させて頂きます。
全議員献本を行った、良い影響も出てきているという報告です。
以下>
今日、「子ども手当て再審議を要 求するデモ」に関して、自民党の義家議員の事務所に電話を差し上げました。
以前義家議員事務所には、自民党の教育政策に関して電話を差し上げ、秘書さんとお話させていただく機会がありました。その際、今後も何か気づいたことが あったらご連絡します、という話をしていましたので、今回のデモの件も「ネット発でこのような動きがあります」という情報提供をしようと思ったわけです。 その際、18日の「子ども手当て再審議要求wiki」主催のデモでは、FJで作った請願書に署名をもらおうと思っていることなどお知らせしました。
また、義家議員が日本会議に参加していらっしゃることから、前日に武道館で行われる「外国人参政権に反対する1万人集会」でも、署名簿を置かせてもらえる とありがたいのだが、そういうことを今から主催者の日本会議に問い合わせても構わないものだろうか?とアドバイスをいただこうと思いました。
紹介議員に稲田議員や西田議員が名前を連ねていらっしゃることなどお話しすると、「それはどなたが作った請願書ですか?」との質問。「SNS- FreeJapanと申しまして、ネット上の保守の勉強会やサークルのようなものです。先日刊行物を出しまして、議員の皆さんにも献本させていただきまし た。表紙が中川昭一先生です」と言ったところ、「あー!」と声をあげて、「ええ、わかります! 今、すぐ目の前にあります」とのこと。
その反応から、間違いなく目を通して下さったのだとわかりました。「では、この本を作った方たちがやっていらっしゃる請願で、紹介議員に自民党議員 が4名、名前を連ねている、ということですね」と確認して下さり、日にちが迫っているものの請願書の趣旨自体には賛同が得ら れると思うこと、とにかく直接聞いてみた方がいい、といったことをアドバイスいただき、「義家先生 の事務所からのアドバイスでお電話を差し上げている」と言っても構わないかとお尋ねしたところ、構わない、とのこと。
(※FJ事務局特記※ 先生のお名前を日本会議に対してお墨付きとして使用してよいという、そう簡単には頂けないご配慮です。事務局も驚いてしまいまし た)
その請願書をFAXで送ってくれるように、とのことでしたので、これまでに出ている他の請願書や陳情書も併せて義家議員事務所にFAXし、その後日本会議 の事務局に17日の件を打診しました。
結果は残念ながら不首尾。「さすがに日が迫っていることもあり、今回は外国人参政権に特化した集会で、他のものを配るとなると事前に主催者の説明が必要に なるが、その時間が全く無い。申し訳ないが今回はご勘弁下さい」ということでした。
日本会議の方にはイベント直前のてんやわんやの状態で時間を割いていただきましたので、今後こちらからも情報拡散など協力できることがあればさせていただ きます、とお礼を言っておきました。義家議員事務所にも、不首尾には終わりましたが、ありがとうございました、とお礼の電話を入れておきました。
それにしても、FJの創刊号に関して触れた時の反応の良さには、ちょっと驚きました。これまでであれ ば、SNSがどういうものであるか、FJにはどういう人間が集まっているか、それをくどくどと説明しなくてはいけなかったのに、今回はまるで創刊号がそのまま名刺代わりです。自分たちがどのような場に集まっている人間であるか、一発で理解しても らえたと言う感覚を味わいました。
秘書さんだけでなく、義家先生ご自身も読んで下さったのではないかと期待しましたし、他の事務所でも、少なくとも自民党と保守系の議員事務所では、一度は 目を通して下さったのではないかと。そこまで考えた時に思い当たったのですが、創刊号は中川先生の追悼特集で、表紙が中川先生なんですよね。保守の議員で あれば、読みもせずにゴミ箱に捨てられるはずも無い…。
そう思って、胸がいっぱいになりました。目に留めてもらい読んでもらえたとしたら、それは中川先生のお陰です。刊行物なんて、山のように届くのだろうか ら。その中で、開封されたときに中川先生の笑顔が出てきたら、保守の議員ならきっと手に取って少しでも読んでくれるはずです。だからこそ、結果として創刊号が名刺代わりになった。 中川先生が裏書をくれた名刺だ、と。
どこかの掲示板でこの創刊号の表紙や追悼特集の事を取り沙汰して、「FJは中川さんの名前を使って故人ビジネスをしている」と揶揄している、と聞いて、本 当に悔しい嫌な気持ちになったことを思い出しました。あの日の衝撃から何とか立ち直ろうと、みんながそれぞれ胸の破れるような思いで書いた追悼の言葉、創 刊号だからこそどうしても中川先生を表紙にしたいと思ったという事務局の頑張り、それに応えてただで写真を準備してくれた産経の人の温情、それがなぜ、故 人ビジネスなんて薄汚い揶揄を受けなくてはいけないのか。コンチクショウ。
もう何とでも言え、と思いました。ほんの千冊二千冊の創刊号が、故人ビジネスになると本気で思うなら、勝手に思えばいい。自分の勝手な見方は、違います。
中川先生は、FJにお力添え下さったのです。中川先生を残したかった自分たちの気持ちが、中川先生の表紙になり追悼特集になり、その中川先生の表紙が保守 の議員さんたちに「捨てないで、ちょっとだけでも読んでやってくれよ…」と言って下さったのです。そして中を読んでもらえたら、追悼特集もある、先生方の 寄稿もある、選挙を通しての保守派の国民の感想や、ネットの分析もある。きっと保守の議員さんたちには、何かひとつくらい心に留めてもらえたものがあった んだろうと、自分はそう思います。
結果として、中川先生が創刊号をFJの名刺にして下さった。
中川先生、ありがとう。
事務局さん、ありがとう。
あの日自分と同じように泣きながら追悼日記を書いたFJのみんな、ありがとう。
ここまで
(会員有志:匿名希望 特記のみ事務局追記、ほか原文まま)
◆謝辞◆
FJ創刊号の表紙に中川先生のお写真が使用できたのは、中川事務所のご配慮、そして地元後援会のFJ会員の尽力、中川婦人のご厚意、その上での産経新聞か らの社内決定を受けての画像提供があって初めて達成されたものです。その社内決定を頂くまでにも何度もの折衝が必要でした。
机など、見える場所に置いてくださっている方もいるとも聞きました。それは一重に中川先生のお力によるものだと思います。中川先生に感謝すると共に、使用 許諾に快く対応してくださった関係者各位に感謝いたします。
また、掲載内容、記事原稿に至っては、快く掲載を許可してくださった著作人格権を有する会員有志、並びに本来であれば仕事で原稿を書かれることもある公人 の方々のご寄稿の結集したものであります。
再度、お礼を述べさせてください。
皆様に、ありがとうございます。
◆ご報告◆
文中にあるため、「子ども手当の廃止を求める請願」を準備中であり、ほぼ完成状態にあることを報告させて頂きます。
また外部サイトとも連動し、実際のデモで請願書が使用される予定です。完成に至っていないため、報告が遅れておりますが、近日中に報告させて頂きます。
同様に、文中で名刺という言葉が使われておりますが、まさに試験的にFJ公式名刺をデモ参加者の一部に発行しております。
(印刷費のみ各自負担、データ作成のみ支援)
FJでは全員に現実での活動を要求しているわけではありませんが、実際に動こうとする人間のサポートを行っていきたいと考えています。
こちらからの一方的な思い入れに過ぎないとは知りつつも、中川先生が後押ししてくださったようで、とても嬉しい報告でした。その「後押し」をいただいた分 だけ、恥ずかしくない活動をしていかなくてはならない、と決意を新たにしています。

【試験】SNS会員の声

日ごろより当SNSをご愛顧頂きありがとうございます。
当SNSでは、荒らし、いわゆる工作員を排除することにより、非常に建設的かつ熱心な議論が繰り返されております。先日、会員数も2000名を超え、当月のPVも100万を超えました。
・工作員とは
・正体と対策
・IPアドレス
上記は「内部に限定する」ことで、「広報ではない」(googleには日記がひっかからない、また会員登録が必要)ということで、公選法や名誉毀損などに対しても、かなり有利なシステムになっている安心感ゆえに、だと考えます。
これは胸をはるべきメリットなのですが、弱点もあります。
どんなに素晴らしい日記であっても、外部にリンクを貼ることができないのです。
そこで試験的に、「これは!」と思う記事(日記)を事務局がピックアップし、移していきたいと思います。
まだ実験的な試みのため、どのように扱うかはわかりません。
免責事項>
一部の文言、言い回し、誤字脱字などの編集が行われる場合もあります。
見落としにより誤字なども忠実に再現されてしまうこともあります。
内部公開であるSNSではOKでも、「広報扱い」になる外部公開ではNGなものもあるため、文章をまるめる場合が考えられます。
参考事例>
27日請願集会。そして取材する新聞社
このような形態にすれば、リンクを貼って外部に拡散することができます。
いかがでしょうか??

[2009 10月 29日 | 0 Comment | ] (FreeJapan News, 更新情報 )

嬉しいニュース!アンケート、返信を頂きました。

大ニュースと言っていいでしょう。
とても喜ばしいニュースが舞い込んできました。
アンケートの返信が早速到着したのです。
うすい正一先生からです。
↑アンケート全文はこちらか閲覧できます↑
ためになること、たくさん書いてあります。
是非、読まれてください。
これが私たちの導きとななんことを祈ります。

ログイン画面移行

ログイン画面が完全に移行しました。
旧ページからはこちらにリダイレクトされます。

[2009 9月 28日 | 2 Comments | ] (更新情報 )

β版プレ公開~移行期間

SNS側とヘッダーナビを統合(背景なども統合)しました。
今後、いままでのログイン画面は使用できなくなります。

β版移行準備>
ログイン画面にキャッシュにてパスワードを保存していたユーザーがログインできなくなる可能性があります。「パスワードを忘れてしまった」ためログインできない方もいるようなので、移行期間を数日設けます。
現在は「公式サイトのログイン画面」と「以前のログイン画面」の両方からログインできます。移行期間後は、新ログイン画面のみとさせて頂きます。
(携帯ユーザーには今回のメンテナンスは影響ありません)
ドキュメント一部更新>
これに伴いドキュメントの一部更新を行いました。
「FreeJapanとは」「賛助会員」のページです。

[2009 9月 26日 | 1 Comment | ] (FreeJapan News, 更新情報 )

外部公開日記カテゴリ追加

外部公開日記のカテゴリを追加しました。
またSNS側にも「外部に公開」をテスト的に追加しています。
本番環境における、最終試験中です。
1)機能説明
外部への公開を希望したユーザーの日記を、匿名で紹介する機能です。
2)匿名です
HNは公開されない設定です。
もちろん、日記内に署名を入れて頂いても構いません。
3)公式ではありません
サイト公式という扱いではなく、個々人の、ユーザーの日記紹介という扱いです。
全ユーザーが更新できるため、様々な意見が出されると思います。公式サイトにて閲覧できるからと言って、サイトの公式見解というわけではありません。「このような意見もある」という扱いとさせてください。
4)編集・削除について
公式サイトに記載されるため、サイト側で編集(誤字修正)や、問題のある場合は公式サイトから削除する場合があります。
5)更新速度について
RSSで取得するため、即時対応ではありません。また内容の確認をする場合もあるため、反映は少しゆったりした設定にしています。
お願い>
テスト段階ではありますが、自信のある方は、是非、外部公開の機能を使ってみてください。

[2009 9月 25日 | 0 Comment | ] (FreeJapan News, 更新情報 )

FJストアリンク追加

右バナーにストアを設置しました。
のち、イメージに置き換えたいと考えています。
(test投稿)

[2009 9月 24日 | 0 Comment | ] (更新情報 )

公式サイト仮稼働(test中)

先ほど、SNS-FreeJapan用のTOPページのテスト稼動が開始されました。
wikiのような使用方法ができる、高機能ブログです。
こちらとSNSを組み合わせて、今後の活動に役立てたいと思います。
ドキュメントの配置、イメージはなんとなく書いてみました。
テーマ・画像に関しては今後、大幅に変更になります。
よろしくお願いします。

[2009 9月 22日 | 2 Comments | ] (FreeJapan News, 更新情報 )